ワードプレスで投稿した記事が消えた!?書き直さずに復活させた軌跡を公開

へまへまです。

この間別のサイトで書いてるブログ記事を公開したはずなのに、神隠しのごとく消えました(ノД`)・゜・。

下書きやごみ箱にすら残っておらず・・・

あるのはアップロードした写真のみという状態で。どっこさがしても見当たらなくて。

たった1記事だったんですが、身の毛もよだつ体験をしました。

もう一から書き直すしかないんか・・・・

と諦めていたら、Googlechromeのキャッシュから記事を復活させることに成功しました!

今回は私と同じようにWordPressで書いた記事が消えてしまって焦っている人に向けて、

 

  • 投稿したはずの記事が消えたときの状況とだめだった対策
  • chromeのキャッシュから探し出した方法
  • 記事が消えても焦らないためには何をしておいたらいいのか?

について書いていきます。

投稿したはずなのに記事がいない!?

記事が消えた経緯

あの日は朝からコツコツと記事を書き進めていたんです。

それでようやくアイキャッチも入れ終わり、プレビューでも確認して

さぁこれで公開できるぞ!

とぽちっと公開ボタンを押して、PCを閉じたんですね。

そのあとに、今回消えた記事はスマホのWordpressのアプリの方でもちょくちょくと書いていたものだったので。

上書き保存を押さずに「保存しない」のボタンを押したんです。

これが原因で消えてしまったようで・・・

数時間後にUPした記事をスマホからチェックしようと思い見てみたら、最新記事のTOPにいなくてですね。

夕方のご飯作るのそっちのけで消えた記事を探していました。

WordPress内にデータが残っていなかったの?

困りましたねぇ。下書きやごみ箱に残っていなかったんですか?

いない・・・ゴミ箱にもいない・・・投稿したリンクで検索もかけたけどいなかった。

下書きやゴミ箱。過去記事投稿も探しましたが見当たらず。

一応投稿したのでもしやと思い、リンクで検索もかけてみました。

けど出てきたのは英語のサイトばかりで私の記事はどこにもいません。

愛をこめて頑張って書いた記事だったんですが、いったいどこにいってしまったんでしょ?

バックアップを一切ナシで記事を書いてました

これは完全に私の油断とミスなんですがね。

私はWordpressの編集画面にベタ打ちで記事を書いているので、メモ帳やWordで記事書いてから張り付けてという方法で記事を書いていません。

GooglekeepやWordで書くと変な改行が入ってあとあと面倒なので、記事のバックアップとっていませんでした。

で一応プラグインでバックアップをとれるものを入れてあります。

ほら。へまへまさん初期の設定の時にバックアップのプラグイン入れていたでしょ?
そうだった!・・・・・・・ログ・・・残ってない( ;∀;)

設定が必要なプラグインなのに設定していなかったんですか!?
うん。入れるだけで自動でバックアップとってくれると思ってた・・・

というわけで1mmもバックアップはとれてなかったわけですよ。

私はアホや。

ちなみにサーバーはロリポップ使ってるんですが、有料オプションでバックアップを取ってくれる(10日間の無料期間あり)ので、慌てて申し込みました。

けれどこれ。申し込みのタイミングからのバックアップをとってくれるんですよ。

過去のデータは帰って来なかったです(。-_-。)

リビジョンも記事がそもそも無いのでできない

「ワードプレス 記事 消えた 対策」

でワラにもすがる思いで検索かけたら、みなさんリビジョン機能で記事を復活させているようでして。

リビジョン機能とは?

WordPressにある記事を自動または下書きで保存してくれる機能のこと。

公開やプレビューのところにある時計と矢印マークがリビジョンマークです。記事の下からも使うことができますよ。

これもね。下書きやごみ箱に記事が残ってるの前提の対処なんですよね。

下書きにもゴミ箱にも記事は無いのでこのボタンすら押せないわけですよ。

完全に積んだんじゃない?これ・・・さようなら私の半日・・・

Chromeのキャッシュをたどり、消えた記事が奇跡の復活をとげるまで

chromeのキャッシュをたどる

根気よく解決方法を調べていたら、Googlechromeのキャッシュ機能から記事データを復活させた方がいらっしゃいました。

「メシアが現れたっ!」って思いましたね。まじで。

キャッシュっていつもデザイン調整とかで悪さをするじゃないですか。

それでよく強制削除してたので、このときばかりは宝の山に見えました。

フリーソフトでキャッシュを検索

ただそこに書いてあったリンクで検索かけてもchromeさんも機密情報なのか「表示できません」の一点張りです。

でいろいろ調べてみたら、英語ではありますが、chromeのキャッシュデータを見れるフリーソフトがあるんですね。

Chrome Cash View

このデータを使って消えた記事のデータを引き出しました。

chromeCashViewの使い方

①下の方にあるDownload ChromeCacheViewをクリック

②zipファイルデータを解凍してアプリケーションファイルを開く

 

データの一覧はこんな感じです。

ファイルサイズが0になっているのは、データが残っていないキャッシュで開けません。

自分の記事のプレビューを検索

ただ履歴のように表示された順に並んでいるわけではないので、ファイルを開いたら、虫眼鏡ボタンから自分の記事を検索します。

私はプレビューした記事を探しました。

基本的にプレビュー記事は記事IDがつきます。たとえばこの記事のアドレスがこちら。

https://hemahema-diary.com/?p=3452&preview=true

この3452が記事IDなんですが、記事自体ないのでわかりません。

なのでIDの前の自分のサイトのアドレス+/?p=部分だけで検索をかけます。

検索例
https://hemahema-diary.com/?p= ※これは私のサイトのなんで、自分のサイトのアドレスに変えてくださいね

公開した時間帯をチェック

検索でソートをかけると、以下のように青くハイライトされます。

記事発見!!!!!!!!!!!やったぁぁぁぁ!

該当する記事を見つけたら、

  1. 左上のfile内にあるopen selected Cash file
  2. キーボードのF7キーを押す

のどちらかで、データを開くことができますよ。

文字化けせずにきちんと開けたらOKです!

HTMLは気にしなくていい?
PCに詳しい方だとHTMLから復活させることができますけど、私は見ても意味がまったくチンプンカンプンの人です。そこは触らずとも復元することができました。

一番上に見慣れたバーが表示されているので、そこから次の流れで再投稿します。

  1. そのまま投稿編集ボタンを押す
  2. リビジョンで少し前の時間に戻す
  3. 更新時間を最新に変換
  4. 再投稿

これで行方不明だった記事がようやく公開できました!

記事がなくなった時に焦らないためには?

バックアッププラグインを導入して初期設定をしておく

必ずバックアップのプラグインを設定しておきましょう。

パーマリンクの設定の次にバックアップのプラグインを設定するくらいの気持ちで。

詳しいやり方はサルワカさんのこの記事どおりにやれば間違いなくできますよ!

WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)

一度ワードやメモに貼り付けてバックアップを

一度ワードやメモにはりつけて記事データをとっておくとやっぱり安心です。

とくにWordは校閲機能がしっかりしているので、誤字や使い方が間違っている接続詞など自動でワンクリックで直すことができますしね。

ワードプレスのスマホアプリは極力使わない

WordPressのスマホアプリは音声入力でも使えるし、画像のアップロードも簡単なので使いやすいですよね。

けれどPC のWordpressと記事がうまく連携できないことがしばしばあります。

今回自分の記事が消えて調べてみたら、WordPressのアプリで更新ボタンを押したら、記事が上書きされちゃって公開前の途中の状態に戻ってしまったという方のブログをいくつも見かけました。

もしスマホで記事を書きたいなら「するぷろx※iPhoneのみ」のような有料アプリを使って書いた方がいいです。

するぷろ X for WordPress & MT

1,600円
(2018.12.14時点)
posted with ポチレバ

月額制でもいいので、

  • 自動校閲機能
  • リライト時期リマインドしてくれる(カレンダーで管理)
  • サーチコンソールとアナリティクス連携
  • テンプレート自動保存
  • 画像をアップロードするだけで半分の画像データに圧縮してくれる
  • リアルタイムプレビュー
  • 自動バックアップ

ていう神のようなソフトがあればいいんですけどねー

このソフトかアプリがあればそく使います(誰か作ってください)

最後に:とにかくバックアップを

記事が消えるとほんとにあせるんですよ・・・

私もご飯作ってるのに全然集中できなくて。ずっと放心状態でした。

たった1記事でしたが、これ全部消えてしまったらどうなっていたことか。

そのためには保険といいますか、きちんとバックアップをとりましょう。せっかく何時間もかけて書いた記事なんですから。

キャッシュもたまたまプレビュー表示していたので見つけることができましたが、していなかったらイチから書き直していたと思います。

  • 消えた記事を復活させることはCashが残っていれば可能
  • WordPressのスマホのアプリは極力使わないほうがいい
  • 必ずバックアップはとっておく

やーほんとにあせった。

今日はこんな感じで。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA