【VIA-IS診断】無料で24資質の順位すべてがわかる自己分析ツールを受けてみた

ストレングスファインダーの無料版として有名なグッドポイント診断ですが、もう一つストレングスファインダーに似たツールがあります。

それが今回紹介するVIA-ISというツールです。

名前が超カッコいいですね!

なんとこのツールグットポイント診断とは違い24種類の資質の順位すべてを明らかにしてくれるんですね。しかもこちらも無料で。

これはやっておかないと!!というわけでVIA-ISを実際に受けてみました。

今回は、

  • VIA-ISについての解説
  • VIA-ISの使い方(受け方)
  • 私の診断結果(トップ5とワースト5)と想い出すエピソード
  • VIA-ISの弱点

について書いていきます。

「VIA-IS」とは?どんなツールなの?

VIA-ISってどんな自己分析ツールなの?

ポディシブサイコロジースクールという団体がWeb上で公開している無料で利用できる自己分析ツールです。

ポジティブ心理学の第一人者であるクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が開発した、強み診断ツール「VIA-IS」を無料で受講できるオンラインサイトをご紹介します。

米・VIA研究所が提供するこの診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用された、最も信頼のおけるものの一つです。

「VIA-IS」における強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされています。これらの強みを生活や仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果も報告されています。

引用元:強み診断ツール「VIA-IS」の紹介http://www.positivepsych.jp/via.html

要約すると、

「人間のもついい部分は、24種類の強みで分類できるんじゃ。そのうち結果のトップ5が自分のいい部分と思えばいいぞ!」

というのがポディシブ心理学の第一人者であるお二方はおっしゃっているんですね。

それに基づいて開発されたのがこの自己分析ツールVIA-ISというわけです。

24種類の強みの資質のすべての順位をVIA-ISでは教えてくれる

Goodポイント診断では18種類の強みの資質のうち5つ強みしか知ることができません。

また世界一有名だと思うストレングスファインダーで、通常知ることができる強みの資質は、34種類のうちスタンダードな診断では強みの資質のトップ5までです。

すべての順位を知るには9000円近く課金が必要です

しかしこのVIA-ISでは、

24種類すべての強みの資質の順位を教えてくれます。もちろん無料で。

このテストだけで自分の強みの資質~弱点の部分まですべての順位を知ることができますよ
素晴らしいよ!VIA-IS!!

VIA-ISの診断結果はどう生かしたらいいの?

VIA-ISはストレングスファインダーと使い方は同じで、自分の強みとしてでた上位5つの資質を、仕事や暮らしの中で生かすことを目的としています。

  • 苦手なものは他の人に協力してもらう
  • 上位5つの強みを掛け合わせて苦手(下位)の強みに対応する
  • 得意な部分を発揮して課題に取り組む

このような使い方をしていくわけですね。

「VIA-IS」の使い方

ここからはVIA-ISの自己分析テストの受け方について解説していきます。

120問の質問に答えるため、トータルで20分から30分あいているときにやるのがおススメです。

サイトにアクセスして必要な情報を入力

まずはVIA-ISの診断サイトにアクセスします。

参考 VIA-IS「強み」の無料診断サイトVIA-IS

そのページの真ん中あたりに「無料診断テストはこちら」というのがあるのでここをクリックしてくださいね。

次のページで、

名前

  • 言語
  • アドレス
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 年齢層

を入力します。そうしたら診断スタートです。

120問の質問に直感で答える

質問は全部で120問。問題はこんな感じ↓

  • とてもよくあてはまる
  • あてはまる
  • どちらでもない
  • あてはまらない
  • まったくあてはまらない

の5つあるチェックのうち1つを選びながらどんどん回答していきます。

ここで大変だったのが、英訳をした日本語なので質問の文章がまれによく考えないと意味がわからないところ。(※解析結果も同じ理由で解読が必要)

ただし、問題に制限時間はありません。なのでゆっくりと解読して答えることができます。

またチェック漏れがあると次のページに行くときに赤文字で指摘してくれます。

診断結果をダウンロード

120問すべての質問に答え、最後に簡単なアンケートに答えると診断結果を見ることができます。

WEB上でも結果がわかりますが、手元に残しておきたかったのでPDFファイルをダウンロードしてみました。

これは私の強みトップ5の結果です。

こんな感じで強みの性質が順位ごとに表示されて、各項目の性質について5~6行程度の簡単な解説がついてきます。

読んでわかると思いますが、解説がかなり抽象的なんですよね。

ただしっかりと読み込むことができれば、

  1. 自分の強みをどう生かすか
  2. 弱みに当たる部分を今持っている強みでフォローするにはどうしたらいいか

というところまでは考えられるかな???

私の診断結果

私の診断結果は次のとおりでした。

私のVIA-ISでの強みの資質1~24位まで
  1. 創造性
  2. 親切心
  3. スピリチュアリティ
  4. 審美眼
  5. 寛容さ
  6. 勇敢さ
  7. ユーモア
  8. 向学心
  9. 愛情
  10. 慎み深さ
  11. 好奇心
  12. 感謝
  13. 知的柔軟性
  14. 熱意
  15. チームワーク
  16. 公平さ
  17. 希望
  18. リーダーシップ
  19. 社会的知性
  20. 思慮深さ
  21. 大局観
  22. 誠実さ
  23. 自律心
  24. 忍耐力

審美眼とか知的柔軟性とか難しい言葉が多く使用されていますね
ちょっとイメージがつきにくいけど、解説頑張って読んでみるかな

全部の強みの資質に感想書いていくと死ぬほど大変なので、

  • 強みの資質トップ5
  • 強みの資質ワースト5(自分の弱み)

のみ、簡単な解説と自分が想い出すエピソードを書いていていきます。

VIA-ISの診断結果(強みトップ5)

自分を特徴づける強みは次の5つ。

1位:創造性

1位は創造性です。創造性とは、物事をよりよくするために新しい方法や物事ことを考え出す力のことですね。

創造性と聞いて思い当たること

昔から「ここをこうしたらもっとよくなりそうだな~」と考えるのが得意でした。(再現性があるかどうかは無視して)

こういうところに当てはまるのかな?

2位:親切心

親切心とは、他の人が困って入れば助け誰にでも親切にする。ボランティア精神の高い人のことを指します。

親切心と聞いて思い当たること

小さなころから周りにうまくとけこめない友達と仲良くなったり、ハンデのある幼馴染がいたり。その経験がここに出てきているようです。

仕事でも、給料や昇給よりも、どう自分がベストを尽くせばもっとこの会社がよくなるかという気持ちの方が強かったし。

なるほど!!休憩ナシ。残業代でなくてもいいやと思って前職やバイトで働いてたのもこの親切心からか!

へまへまさん。それ社蓄ですから。あなたそれで体壊したでしょ??

3位:スピリチュアリティ

スピリチュアリティとは、大きな社会の中でどこに自分が位置するかを理解し、信念にもとづいて行動する力のことです。

霊感的なものだと思ってたんですが違いました。

スピリチュアリティと聞いて思い当たること

昔から「なんかわかんないけどできる気がする」という直感を頼りにぐいぐい行くとこがあります。

ファインディングニモのドリーみたいな。

面倒な人からだとかならず「その根拠は?」とか聞かれるんですが、なんとも説明しがたいものがあって。

こういうところがこの強みに現れているのかなと感じました。

4位:審美眼

審美眼とは、あらゆるものごとに美を感じ、それをみきわめる力のことです。

審美眼と聞いて思い当たること

古いものが好きで移住しちゃったとことか?

こういうとこ???っすかね?

ただ審美眼は、日本人にはなじみ深い「わびさび」に通じるものがあるので、誰もが持ってる気がするんだけど・・・

5位:寛容さ

寛容さとは、心が広く他人の過ちを許し、とがめない能力のことです。

寛容ときいて思い当たること

あきらかに悪いことしても、相手の心情を勝手に想像して許してしまうんですよね。で自分が背負ったり。それであとで後悔するってことを、数えきれないくらい経験してます。

VIA-ISの診断結果(弱みトップ5)

私のワースト5はこんな感じの結果です。

けれど、ワースト3に入った自分の弱みって、生きていく中でかなり重要なスキルなんじゃなかろうか??

大丈夫かな?

ワースト5:思慮深さ

思慮深さとは、いかなるときも用心深く行動する力のことです。

思慮深さと聞いて思い当たること

下調べせずに、残りのお金が少ないのにモノを買っちゃうとことか。

車の窓ガラスバリバリなのにめんどくさくてそのまま走っちゃうとことか。

こういうところなんだろうな。

ワースト4:大局観

大局観とは、相手に対してベストで賢明なアドバイスができる能力のことです。

大局観と聞いて思い当たること

万人から感覚がズレているので、ベストで賢明なアドバイスは私にはできません・・・

「こういう風にやりたい!」

って言っても

「は?なんでそんな面倒なことをするの?」

って言われるし。

ワースト3:誠実さ

誠実さとは、どんなときでも正直に生きる人のことを指します。

思ったことは素直に言う人。

誠実さと聞いて思い当たること

私自身、人に意見を言えずに自分で抱え込んじゃうところがあります。

これも納得。

ワースト2:自律心

自律心とは、自分をコントロールし、規律を守る人のことを指します。

自律心と聞いて思い当たること

これは非常にうなずけます!

食欲をコントロールできずについつい食べ過ぎちゃうし・・・

好きなこと優先しちゃうし。

ギリギリにならないと動きたくないし。

欲望に勝てません(笑)

同じことコツコツと続けるのは昔から苦手で、前日に徹夜して仕上げるとかしょっちゅうだからなぁ

ワースト1:忍耐力

忍耐力とは、始めたことを最後までやり抜く力のことです。

忍耐力と聞いて思い当たること

私3日坊主で飽き性で面倒なことは大嫌いですからね。

づっと続けていてもすぐに飽きちゃう。

「同じことの繰り返し」が苦手なんです。

自律性とつながる部分もあるけれど、企画しても最後までやり抜けないことがほとんどないし。

VIAーISの弱点

似た自己分析ツールと結果が完全に一致しない

VIA-ISと似たツールに、ストレングスファインダーやグッドポイント診断があります。

2つの診断結果を比較すると、部分的にしか一致しないんですよね。(とくにストレングスファインダー)

感覚としては6割程度でしょうか。

生かし方が詳しく書かれていない

有料のストレングスファインダーと比較すると、自己分析結果は非常に簡易的です。

課金することができるのでそうすればもう少し詳細なものもわかるかもしれません・・・
けれど解読するのもめんどうだし。それならストレングスファインダーを受けたいな~

これはグットポイント診断にもあてはまるんですが、

  • どう生かせばいいのか?
  • 何をしたら伸ばせるのか?
  • この能力を生かしやすい職業は何??

っていうことについては、ストレングスファインダーの方が断然詳しくわかります。

英訳のため解読が必須

英訳された内容のため、グッドポイント診断と比較すると解読が必要なんですね。

なんだろう。詩を読んでいるような?

その解読の時間を考えてどう生かすかと分析するなら、グットポイント診断やストレングスファインダーのほうがわかりやすいです。

最後に:グッドポイント診断の補助的な感じで

グッドポイント診断は強みトップ5しか教えてくれません。

こればっかりはリクナビに頼み込んでも教えてくれないと思います。

結果を比較した感じでは、グッドポイント診断の結果に非常に近かったので、

「グッドポイント診断ではわからない弱みの部分も無料で把握したい」

っていう人にはこのVIA-ISと合わせて受けてみる価値はアリです。

参考 VIA-IS「強み」の無料診断サイトVIA-IS

ただし細かいアドバイスをもとに、仕事などでがっつり使っていきたい!っていう人は有料のストレングスファインダーがダントツでおすすめなので、自分の好みにあわせて受けてみてくださいね。

今日はこんな感じで。

最後まで読んで頂きありがとうございました!