【内向型は生きづらい】暮らしにくいと思ってたら自分は内向型だった

今までずぼらなくせに不器用で失敗ばかりで、なんてダメ人間なんだろう・・・と悩んできたへまへま(@hemahema)です。

不器用すぎて苦労ばかりだったこれまでの人生

世の中こんなにも生きるのは大変なのかと。

そうしたら最近になって人間には外向型と内向型がいて、自分は内向型の人間という事実を知ったんです。

しかも思い返すと、頑張って外向型になろうと無理して失敗していた節もあり(苦笑)

というわけで今日は内向型の性格がどんな風で、なぜ生きづらいと思うのかについて書いていきたいと思います。

外向型と内向型の性格の違いについて

内向型 外向型 性格違い

外向型の人の特徴

外向型の人はこういったタイプの人です。

  • 飲み会やイベントといった人が集まる場所が大好き
  • ひとりでいるとそわそわしてイライラが起きる
  • 休みの日は仕事の後必ずどこか出かける予定を立てている
  • 初めて会った人とでも楽しく会話

といったような感じの人たち。

他の人との交流や外の世界からエネルギーを集め自分の活力として生きています。

内向型の人の特徴

内向型の人はこのような特徴があります。

  • しっかりと答えをまとめてからでないと話せない
  • 発表や講演会といった人前であってしゃべることが苦手
  • 読書や映画を見ることなど1人で楽しむことが大好き
  • 心が落ち着くお気に入りの空間がある

と言うような感じの人たち。

内向型の人は、自分の内面と向き合い様々な情報を整理しながら生きています。

外向型と内向型の違いについて、アニメや漫画のキャラで例えで見ました。

MBTI キャラ たとえ アイキャッチMBTIの性格型をアニメや漫画のキャラに例えて解説する

よかったら参考にしてみてくださいね!

私が内向型だと気付いたきっかけとそのエピソードの数々

内向型 エピソード

16personalitiesの性格分析で内向型の指数が高かった

少し前に受けた16personalities性格分析で内向型の指数が非常に高かったんです。

16 INFT-P 結果

内向型の傾向75%。

いやぁ自分で言うのもなんですが、中々の割合ですよね?これ。

けれどこの段階で、内向型がどんな性格かがよくわかっていなかったんですよね・・・

それで内向型についてさらに詳しく知りたくなって一冊の本をよみました。

この「内向型の強みを生かす」という本をよんだことで、今まで自分と社会のギャップを感じていた違和感についてすべて理解できました。

そうして自分は内向型だと確信したんです。

大型のショッピングセンターに行くとどっと疲れる

イオンなどの大型のショッピングセンターに、息子を連れてたまに遊びに行きます。

もともと人込みが苦手なので、人数の少ない平日に行くようにしているんですが、

それでも半日行くだけでものすごく疲れて注意力が散漫な状態になります。

このあいだ行ったときは目が回っちゃって

目がグルグルと回り出し、立っているのがやっとの状態になってしまい、おもちゃ売り場の棚によっかかってしまいました・・

これは、情報過多で脳が疲れてしまう内向型の特徴の一つですね

疲れてエネルギー切れをおこすとしばらく一人で休まないと動けない

疲れてエネルギー切れを起こすと、一日ゆっくりして充電しないと回復しません。

前はしっかり寝れば回復したけど、今は夜に何度か夜泣きで目が覚めるのと、妊娠中なのもあるのか1日動くと次の日は朝からだるくて、

夕方になってようやく元気が回復してくることもあり思うように動け無い日もちらほら。

内向型の人は、一人の時間を過ごすことで外部からの情報を自分の中で整理しかみ砕くための時間が必要です。

私もこの時間が無いと元気になりません。

飲み会とかイベントへ参加するのが苦手

前の職場が大学生のノリだったんです。

バーベキューとカラオケとイベントが好きで、新人さんにモノマネとか一発芸やらせて盛り上がるような職場でした。

皆にについていかなきゃ!と参加はするのですが、最後はすみっこで気の合う人とし過ごして、2次会に参加せずに帰るようにしていました。

そしてそういったイベントの前後はきまってブルーな気持ちになります・・・

この行動心理は、内向型の人の防衛反応にあたります。

打ち解けた人とは気楽にしゃべることができる

仲のいい友達とかしゃべるのが上手な人とかは気構えずにしゃべることができます。

けれど、

  • ぐいぐい来る人
  • 初対面の人
  • 喋っていてあまり楽しそうでない人
  • 頭ごなしに怒鳴りつけてくる人

なんかに出くわすとフリーズして相手としゃべれなくなってしまうんです。

何か言っても伝わらずに怒られる気がして、言葉がまったくでてこない。

それが気に食わなかったようでパワハラ上司に目を付けられた嫌な思い出が(笑)

不器用すぎて苦労ばかりだったこれまでの人生
これは、内向型の人は相手の態度や細かな仕草から感情を勝手に大きく想像してしまうのhが原因

そのため相手が2のパワーで言ったつもりなのに8くらいにとらえてしまい、勝手に怯えてしまうんですね。

じっくり考えてからでないと言葉がでてこない

じっくり心の中で整理して調理してからでないとうまくましゃべれません。

焦って喋ろうとするとだいたい相手にうまく伝わらずにあとで怒られたり、嫌味を言われるよ・・・

私もゆっくり情報を整理してからでないと、その思いを発信できない

心の中に怖い人が住んでいる

「お前はダメ人間だ!!!!」

と全否定して、おもいっきりブレーキをかける怖い人が私の心には住んでいます。

過去の失敗から学んだ心の防衛反応だと今まで思ってました。

どうやら本の解説によると、内向型の人にはみんな住み着いているそう

世間は外向型が評価されやすい仕組みになっている

外向型 評価

世の中のほとんどは外向型が評価される仕組み

けれど世の中は内向型に優しい社会というわけではありません。

これまでの歴史の中で、外向型が暮らしやすい仕組みづくりがなされてきたからです。

外向型が世の中の75%を占める中、内向型は残り15%で少数なんですね。

集団の中では、人数の多い外向型のの意見を取り入れてしまいがちです。

真逆の性格や意見は聞いていたら居心地の悪い空気になってしまいますしね。そんなわけで外向型が中心の社会の仕組みになってしまったのです。

しかも外向型から見ると、内向型の行動は理解できないことばかり・・・

一人でいることを好んだり、会話がうまくできなかったり、集まりが苦手です。

「あいつ付き合い悪いなぁ・・・」

って会社の上司や学校の先生たちに思われてしまいますからね。

本の中でも内向型は陸に打ち上げられた魚と表現されていました。そのくらい内向型の人は今の世の中では生きづらいのです。

内向型の性格は病気だと思われていた

しかも昔は、内向型の性格はなんかの病気だと思われていました。

精神疾患の一種だと思われていた時代もありました

そのため、内向型の性格の病気を治す方法ばかり長い間議論されてきたわけです。

これも外向型が暮らしやすい社会になってしまった一因です。

内向型でも社会に適応しにくい右脳タイプの内向型

内向型 直感タイプ

内向型の中でも右脳タイプと左脳タイプにわかれる

内向型にも右脳タイプと左脳タイプがあります。

左脳タイプは、現実的に物事をとらえ数値や図形に強く物事を論理的に考える人です。

右脳タイプの人は、直感的に物事をとらえ、想像力は豊かだけれどはたから見たらすごい破天荒な人に見られるようです。

しかも本の中では、現実的な思考である左脳タイプより直感的に物事をとらえる右脳タイプの人の方が理解されにくく生きづらいと書いてありました。

私は直感型の右脳タイプ

私のタイプは直感型の右脳タイプです。さらに生きづらい方ですね(笑)

空想の世界に生きているし、中々自分の考えていることを相手に一生懸命伝えているつもりが、全然理解されないことが多いし。

親にすら自分のやりたいこと伝わらないから嫌味言われるし(かなしい)

なので自分がイメージしたものが、想像通りにうまくいかないことは日常茶飯事です。

おそらくこれが原因で、空回りしているとまわりからみられるのでしょうね・・・

最後に:内向型の強みを生かした生き方を探す

内向型は一つの物事を掘り下げその技術を格段に飛躍させる能力にたけています。

一方外向型の人は、外の世界へと広げるのは得意ですが深く考え掘り下げることを苦手とします。

そのため100%の人が外向型だと世の中はうまくまわらないと本には書いてありました。

外向型は外の実知らぬ世界へと攻め行く特攻隊。

内向型はその国を守るため、特攻隊のレベルを上げるための武器や方法を研究して、レベルアップをさせるためのサポーターのような存在なのだと思います。

特攻隊の人も自分の国に力が無かったら安心して外に遠征にいけませんからね・・・

今まで私は内向型なのにその性格を無視して、外向型になろうと必死に努力して生きてきました。

空回りするし周りと違うことすると変な目で見られるし。

けれどこの生き方はもうやめます。

これからは、流れに逆らわずに内向型の強みを引き出す生き方をマスターする方法へと180度方向転換していきたい。

内向型の存在を知ってそう考えるようになりました。

そのために目標も立てました

関連記事:いつも3日坊主で終わっていた私が毎日目標に向かって行動できるようになった理由

けれど内向型の性格のことを知って、少し気分が楽になりました。周りと違う自分が何かの障害や病気だと悩んできたので。

受け入れて逆らわずにその方向へ進むって大事ですね!

今日はこんな感じで。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考になる本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA