【アロベビーミルクローションの使い方】おすすめの塗り方など。写真付きで解説

クリームの塗る量や、使うタイミングはいつ?

湿疹のあるときに塗っていいの?

開封後いつまで使っていいの?

など新生児でも使えるアロベビーミルクローションの使い方についてこの記事では解説しています。

へまへまです。

息子2人とも、生まれてからアロベビーミルクローションをずっと使い続けています。

1人目から数えると2年以上使い続けている計算ですね。

うちの子供たちの肌にはとてもあっているようで。

今は定期便を利用しつつ毎日のお風呂上りに逃げ惑う息子たちを追いかけながら塗る日々を送っています。

ただ新生児から使えるといっても「どう使っていいのかわからなくてと不安」に感じるかたもいらっしゃるかなと。

とくに一人目のときは少しの肌トラブルで不安になって病院でも見てもらったり、すぐにスマホで調べたりしていました。使ったことないものだと心配ですもんね。

そこでアロベビーミルクローションの使い方について私の経験を交えながら、

「湿疹があるときにつかってもいいのか?」

「保存場所や保存期間は?」

「一度にどのくらい使うの?」

「どうやって塗ればいいの?」

ということについて書きました。

アロベビーミルクローションの使い方

肌の保湿を目的とした毎日のスキンケアとして使う

赤ちゃんは生まれてすぐは、体脂のバリアで保護されています。

この体脂は出生後、乾燥や刺激によりどんどん現象しまう。

そして生後3か月ごろには無くなってしまうという・・・

しかも赤ちゃんは肌の薄さが大人の半分なので、とても無防備な状態になっちゃうわけですね。

なので大人よりも肌の水分が蒸発し、ちょっとした刺激ですぐに乾燥してカサついたり湿疹ができやすいんです・・・

その刺激を防ぐには、しっかりと保湿することが大切。

その保湿のために、私はアロベビーのミルクローションを使っています。

湿疹があるときも塗ることができるの?

アロベビーミルクローションは、肌トラブルを治療する薬ではありません。

あくまで肌乾燥の予防が目的です。

  • おむつかぶれ
  • アトピー湿疹
  • 乳児湿疹

などの疑いがある湿疹は病院で見てもらって、病院から処方される薬と併用して塗っています。

湿疹ができると、薬で炎症をおさえつつアロベビーミルクローションで保湿して悪化を防ぐという感じですね。

湿疹が出た時は、

  1. 病院で処方された薬を塗る
  2. アロベビーミルクローションを全身に塗る

というかたちで合わせて使っていまいた。

生後何か月から使えるの?

私は1人目のときは生後2か月から。2人目は退院してすぐに(生後約1週間から)塗り始めました。

なぜ1人目ときは数か月あいてしまったかというと、湿疹が気になりだしたのが出生後1か月くらいの時。

そのときに保湿の大切さを知りました。

アロベビーミルクローションを2年使い続けた私が感じるメリットとデメリット

そのあと色々なオイルやクリームを試しては異常が見られ・・・

それで最終的にたどり着いたのが、アロベビーミルクローションだったんです。

そのため使い始めるまでに3か月というタイムラグがあいてしまいました。

開封後いつまで使うことができるの?

公式サイトでは、「開封後1年以内に使いきるようにしてください」と書いてあります。

しかし開封して3か月以内には使いきるようにしています。

理由は半年たって残っていたものがあって。もったいなかったので、肌が乾燥しがちだったときに塗ったことがあったんですが赤く反応してしまいました。

また保存場所は直射日光があたらず、湿気が高くない場所に置いています。

始めて使う方うときは、必ずパッチテストする

オーガニック原料。そして99%の成分が自然由来のアロベビーミルクローションですが、肌にあわず「赤くなった」という声も聞きます。

中に入っている成分が肌に合わず反応してしまう可能性も捨てきれません。

なので始めて使うときにはパッチテストは必須です。

パッチテストのやり方

①肘裏の柔らかい部分に、1円玉程度の大きさでクリームを薄く塗る

②1日以内に赤くなったり、湿疹がでる等なければOK

本当は試供品で試すことができれば一番なんですが、アロベビーミルクローションには、残念ながら試供品がありません・・・

ですが公式サイトから単品での購入に限り何か肌トラブルがあれば15日以内の返金保障が受けられます(※返品の送料は自己負担です)

ALOBABYミルクローション 公式サイト

ただ楽天やAmazonでの購入や、店舗で購入するとこの返金保障は対象外なのでご注意くださいね!

無料ではありませんが他のサイトから購入したり、定期便で買ったりするよりかはお得に試すことが可能です。

アロベビーミルクローションは塗って駄目な場所はあるの?

アロベビーのミルクローションは、体全身に塗ることができます。

  • 耳の裏
  • 頭皮

などなど。

次男が乳児湿疹がひどく、頭皮の皮がかさぶたのようによくめくれてしまいました・・・

一緒に髪の毛も抜けてしまって。その部分がはげちゃって。

本人は気にしてなかったんですけど、見た感じすごく痒そうで。

そのときに頭皮にクリームを塗っていたら、後も残らず綺麗に髪が生えてきました。

今8か月になりますが、綺麗な状態をキープできています!

1度に塗る量はどのくらい?

1回の使用量は、1歳くらいの子供の体全体で、500円玉サイズくらいを目安に使ってます。

5プッシュくらいでちょうど500円玉ほどの量が出ます。

ただ一度にこの量を手のひらにとってしまうとすごく塗りにくいんですよね・・・

なので体の部位ごとにこまめに出して塗っています。

<1歳くらいの子供で使用する場合>

  • 両腕・・・1プッシュ
  • 両足・・・1プッシュ
  • 顔・・・1プッシュ
  • 背中、お尻・・・1プッシュ
  • お腹、胸・・・1プッシュ

というイメージです。

あと子供の肌を触ってみて、

  • カサカサしているところ
  • 固くなっているところ
  • お風呂上りに赤くなる部分

は気持ち量を多めに出して塗るようにしています。

塗るタイミングはいつ?

毎日のスキンケアとしてお風呂上りに使用しています。

肌は水に濡れると、その水分が蒸発するときに一緒に肌の水分も奪われてしまうんですね。

とくにお湯は蒸発が早くて。

冬の食器洗いでお湯を使うと手が荒れやすいのはこのためです。

なのでお風呂から出たら「すぐに水分をふき取ってすぐに保湿」というようなことを心がけています。

ただあまりにも乾燥や湿疹がひどい場合は、朝の着替えるタイミングとお風呂上りの2回塗っていました。

とくに冬場は暖房と乾燥と厚着の影響顔や腕、背中がカサつきやすいので回数を増やして使っています。

アロベビーミルクローションの塗り方

基本は化粧品のオールインワンクリームのようなイメージで体全体に塗っています。

けれど子供の肌は薄いので、

  • 肌を傷つけないように清潔な時に
  • 力を入れすぎないように優しく念入りに

という2つを心がけて塗るようにしています。

①水分をタオルで優しくふき取る

お風呂から出たら、柔らかいタオルで優しくおさえるようにして水分をふき取っていきます。

ここでゴシゴシとこすってしまうのは禁物。

大判のガーゼや柔らかい素材のタオルを使って、肌が傷ついてしまうので優しく水滴を吸い取る感じで拭いていきます。

②クリームを手のひらにとり、手のひらになじませる

クリームを手のひらにとって、こすりあわせます。

量は部位ごとにわけて塗っていくのでまずはワンプッシュ。

 

摩擦でクリームが人肌の温度まで温かくなるまで続けます。

③クリームが透明になるまで塗り込んでいく

クリームを手の平や指先全体を使って優しくなじませていきます。

力を抜いて優しくなでるように塗るのがコツです。

塗る方向は、中心から外へ外へ伸ばしていくイメージで。

表面につけるだけだとまったく肌にじまないので、ここが一番根気がいる作業ですね。

こもまで透明になったらOK。

④②と③を繰り返して体全体にクリームを塗っていく

②と③を繰り返し顔や体にも塗っていきます。

同じように、中心部から外へ外へと伸ばしていくように塗っていきます。

とくに

  • 耳の裏
  • わきの下
  • 股の間

など通気性が悪くて蒸れて肌トラブルになりやすい場所は、とくに意識してぬるようにしています。

最後に:

アロベビーミルクローションの使い方について私が実際にやっている使い方について書きました。

ミルクローションの使い方
  • アロベビーミルクローションは新生児から安心して濡れる
  • 始めて使う時は、必ずパッチテストを
  • 毎日お風呂上りに、優しく水分をふき取ってなじむまで丁寧に塗ればOK
  • 乾燥がひどいとき、冬の季節、肌トラブルが見られるときは回数と量を増やして念入りに
  • 量は体全体で500円玉大

アロベビーミルクローションはなじむまでに根気のいるクリームですが、きちんと塗った後のしっとり感は市販のベビークリームとは段違いです。

新生児から肌トラブルが少なく使えるクリームって少ないので、気になったら一度試してみる価値ありかなと。

ALOBABYミルクローション 公式サイト

今日はこんな感じで。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA